【商 号】 スキット株式会社
【創 業】 昭和48年3月(1973年) 福井市城東1丁目に阪田製版センター設立

昭和51年5月(1976年) 福井市高木中央1丁目に新工場移転

昭和51年9月(1976年) 有限会社 阪田製版センターに改組

平成3年5月(1991年)  スキット 株式会社に改組

平成11年5月(1999年) スキット オフィシャルページをWEB上に開設

平成17年6月(2005年) 東京オフィスを中央区日本橋兜町に開設

平成18年2月(2006年)  東京オフィスを千代田区神田錦町に移転

平成18年12月(2006年) 情報セキュリティの国際規格「ISO/IEC 27001:2005」認証取得

平成19年11月(2007年) 大阪オフィスを中央区南本町に開設

平成22年5月(2010年) ポケットフォルダー専門店をWEB上に開設

平成23年1月(2011年) 選挙印刷専門店をWEB上に開設

平成24年1月(2012年) 小森製ハイブリッド印刷機(H-UV)S-429を導入

平成24年2月(2012年) 東京オフィスを千代田区猿楽町に移転

平成24年8月(2012年) 圧着DM専門店をWEB上に開設

平成25年3月(2013年) ノベルティー制作専門店をWEB上に開設

平成25年5月(2013年) 封筒印刷専門店をWEB上に開設

平成26年5月(2014年) 大阪オフィスを大阪ブランチとして吹田市千里山松が丘に移設

平成26年6月(2014年) 福岡天神オフィスを福岡市中央区天神に開設

平成26年6月(2014年) 車両広告専門店をWEB上に開設

平成26年11月(2014年) 仙台オフィスを仙台市青葉区中央に開設

平成27年4月(2015年) 仙台オフィスを統一選挙終了に伴い閉鎖

平成27年11月(2015年) ポケットフォルダー専用グルアー機を導入

平成28年2月(2016年) 小森製ハイブリッド印刷機(H-UV)A-437を導入

平成28年8月(2016年) UVニス圧着専用機としてフレキソ印刷機(SAC-18)を導入
平成28年8月(2016年) ハガキ&A4圧着加工機(HP-2)を導入

平成29年8月(2017年) 光文堂×MOLL REGAL/FOLDER/GLUER”30″ を導入
平成29年8月(2017年) 光文堂×MOLL SPRINT&FRICTION FEEDER を導入

【資本金】 1,000万円
【代表者】 代表取締役 田村 美津雄
【事業内容】 圧着DM(ハガキ・封書・A4)の企画・デザイン制作・印刷・表面加工・宛名印字・バリアブル印字・広告郵便発送・クロネコDM便・ゆうメール発送代行
【社員数】 32名(2018.01 パートタイム・非常勤スタッフを含む 男18名 女17名)
【取引銀行】 三井住友銀行 福井支店
福井銀行 大和田支店
北陸銀行 松本支店
福邦銀行 高木支店
【所在地】 東京オフィス:
〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-4-2 小黒ビル302号 (google map
TEL03-5809-2555 FAX03-5809-2561

大阪ブランチ:
〒565-0843 大阪府吹田市千里山松が丘18-11 (google map
TEL050-3387-1575

福岡天神オフィス:
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル15階(google map
TEL050-3387-3381

本社工場:
〒910-0804 福井市高木中央1丁目328 (google map
TEL0776-53-1000 FAX0776-53-3575

【企業理念】 私たちは、仕事を通じたパートナーを大事にします。スキッと気持ち良く納得した仕事が出来るように相手を思いやり、気遣い、お節介の心を大事にします。

これにより、お互いが喜べる気持ちの良いサービスが提供でき、お互いが繁栄できる企業となり、Win・Winの関係が作られる。そして地域社会に貢献できる企業を目指します。

【モットー】 よりきれいに・より早く・より安く
【経営方針】 一、いつも誠意を持ってお客様の利益を考えお客様の立場になって仕事をする
一、いつも誠意を持って社員の利益を考え社員の生活が向上するよう努力する
一、いつも誠意を持って、わが社の成長と経営に全力を尽くす
【2018年度 スローガン】 自分で気づいて行動を変える! 自分を高めて新しい仕事にチャレンジ!!
【2018年度 挨 拶】 さて2018年度は、外部より2名の非常勤顧問を迎えることにしました。目的は、スキットで最大の結果を出す準備をするためです。まずは固定観念を捨て私たちの考え方や行動を変化させる事で自然とチャンスが巡って来ます。変化する事ができる私たちなら、まだまだ結果を作り出せる「チャンス」を活かす事ができるはず!しかし大事なことは、アドバイザーから言われて変わるのではなく、アドバイスから+αの何かに気づいて変われる事が一番大事だと考えます。目の前の応急処置ではなく先を想像して変わり続ければ、最大の結果が掴めるはず。

まずは、年初めと年末で「変わったね!」とお互いが「本当に」褒めあえる事を期待したいし、良いものを作って「良かった~」なんていう自己満足だけでなく、お客様に喜んでもらえて満足だけではなく、その一歩先の「わくわくする仕事」が出来るようありたいです。こんな「スキット」という集団をこれからも、ご愛好の程よろしくお願いいたします。

代表取締役 田村 美津雄