届いたDMの「行動喚起率」について、

こんにちは!圧着DM専門店でございます。
ダイレクトメールの協会が行っている市場調査の情報を会社よりもらいました。
前回は「DMに希望する情報内容レポート」というテーマでしたが、よろしければ、2個前「ダイレクトメール実態調査レポート」もご覧下さい。膨大な情報なので引き続き、小出しにて意見を綴ろうと思います。

DMによる行動喚起

DMを受け取り開封閲覧した81.5%の本人は、
・話題にした 4.1%
・インターネットで調べた 6.7%
・来店した 3.5%
・購入した 2.6%
・資料請求した 1.7%
・問い合わせた 1.3%
といった行動をとっているようです。DMを受け取ってから口コミで質問したり、自分でネット検索をしてみるといったクロスメディア効果も確認できております。また前回(昨年度)と比較しても反応がよくなっています。
「ネットで調べた」の6.7%や「ネット上の掲示板等に書き込んだ」1.0%なども含めてWEB誘導というスタイルがDM効果の大きな役割を担っていると理解できます。

DMは若年層に効く

年齢層別に見た行動喚起率は、男性20代24.4%、30代32.2%、女性20代33.1%、と平均の2割から5割以上のスコアとなり、DMが若年層に高い効果を持つことを示している。逆に男性50代11.5%、女性40代11.5%、女性50代11.7%と逆に悪くなっている事についても十分理解しておきたい。という事は、DMになれていない若年層には、より効果があると理解して良いだろう。
また世帯収入500万未満の家族については、届いたDMすら見ないというデータもあるくらいです。低収入世帯の方は、好奇心というのが低いのかもしれません・・・

WEBアクセスDM

全体の60.0%(54.7%)がWEBアクセスDMの受取経験ありと回答している。アクセス経験率は30.1%(30.0%)。(カッコ内は昨年結果) 性別でみると、WEBアクセスのDMの受取り、アクセス経験率ともに女性よりも男性で高い傾向。特に男性20代、30代、女性20代でその割合が高くなっている。 世帯年収別でみると、受取り率。経験率ともにはH層で高い傾向が見られる。高収入の方は、好奇心が旺盛だとうかがえますね・・・


キャンペーンが掲載されているDMを「圧着ハガキ」にて作ってみませんか?
負担のかからない「お試しプラン」を「初回限定」にてご用意しております。


圧着ハガキ V折り 1000部まで 1,000円


圧着ハガキ Z折り 1000部まで 3,000円


圧着ハガキ L折り 1000部まで 3,000円


圧着A4 500部まで 5,000円

サンプルの資料請求で、圧着ハガキや圧着A4のサンプルを送付することも可能です。

圧着DM 11月実績

圧着DM 2017年 11月印刷実績報告

そういえば、10月の圧着DMのご報告を忘れておりました。11月のご報告と一緒にご報告を行っていきたいと思います。まず11月一杯で、日本郵便との特約ゆうメール契約が終了となりました。という事で今まであった割安な「ゆうメール」契約が無くなり継続お取引のお客様には、ご迷惑をお掛けする事になってしまいました。企業努力が足りず申し訳ありませんでした。12月からは、多少料金は上がりますが、引き続き「ゆうメール」発送も可能ですので、ご相談頂けると幸いです。


圧着DM 2017年 11月印刷実績

2017年11月
①23日 ②801,300部(736,7940部) ③単年度累計 6,834,030部 ④累計 31,287,335部

 

①営業稼動日 ②数量(2016年実績) ③単年度累計(2017年度) ④累計(2013年1月~当月まで)

2017年10月
①23日 ②779,500部(694,920部) ③単年度累計 6,032,730部 ④累計 30,486,035部

2017年9月
①24日 ②765,570部(1,021,910部) ③単年度累計 5,253,230部 ④累計 29,706,535部

2017年8月
①20日 ②227,000部(57,870部) ③単年度累計 4,487,660部 ④累計 28,940,965部

2017年7月
①23日 ②1,086,470部(969,470部) ③単年度累計 4,260,460部 ④累計 28,713,765部

2017年6月
①24日 ②821,400部(647,918部) ③単年度累計 3,173,990部 ④累計 27,627,295部

2017年5月
①20日 ②616,720部(797,600部) ③単年度累計 2,352,570部 ④累計 26,805,875部

2017年4月
①26日 ②773,650部(693,319部) ③単年度累計 1,735,850部 ④累計 26,189,155部

2017年3月
①22日 ②677,150部(717,010部) ③単年度累計 962,200部 ④累計 25,415,505部

2017年2月
①24日 ②47,350部(178,274部) ③単年度累計 285,050部 ④累計 24,738,355部

2017年1月
①18日 ②237,700部(79,000部) ③単年度累計 237,700部 ④累計 24,500,655部


圧着A4 お試しプラン

見開きでA3サイズの「圧着A4」にお試しプランを誕生させました。
初めて「圧着DM専門店」に依頼するので心配だ・・・
初めて「圧着A4」を作ってみようと思うので「お試しプランってありませんか?」
このようなお客様のご要望に「初回限定」にて対応させて頂く事になっております。

ホテルカードキーケースを追加!

こんにちは。圧着DM専門店です。
本日は新しく専門店にて扱う事になった商品のご紹介です。

ホテルカードキーケースの印刷

ビジネスホテルを中心とした宿泊施設にて使われる「カードキー」ですが、一般的には、チェックインの際に、「カードキー」を、そのままお客様にお渡しするのではなく、ケースに収納してお渡ししております。このケースの事を圧着DM専門店では「ホテルカードキーケース」と呼んでいるのですが、宿泊施設(ホテル業界)では「カード入れ・チケット入れ・クーポン入れ・客室カードキーホルダー」と言われているようです。

ホテルカードキーケース」は、一般的に宿泊施設のご案内(階層によって何があるとか)や最近では当たり前となっている「WIFI」利用のパスワードが書かれたご案内が印刷されたものが多いかもしれません。また中面を見開くと右下部分にポケットが設けられております。このポケットには、「カードキー」はもちろんの事、朝食券やクーポンチケットが盛り込まれております。そんな「ホテルカードキーケース」の大量印刷加工がこの度可能となりました。

金沢市内の宿泊施設の参考情報

本社工場がある北陸福井には、2022年には北陸新幹線が開通します。先に開通した「金沢」では、今の段階で、ホテルが74件(8754室)旅館58軒(695室)おおよそ10,000室あるそうです。これは北陸新幹線の影響で関東圏そして外国からも数多くのお客様がお見えになっている影響だと予想されております。2020年には、12,000室に達するとか・・・また新しい客室は、セキュリティーの関係で「カードキー」を客室に採用することが多く「カードキー」を収納する「ホテルカードキーケース」の印刷需要は高まると予想しております。

カードキーケースを作り上げる機械の紹介

カードキーケースの印刷加工においては、今まで手作業にて仕上げ加工を行って来た可能性が高い!手作業での作業は、都度コストが掛かるという部分で余計な機械コストが発生しないメリットはあるのだが、大量に加工を行う場合には、必要とする納期に間に合わなかたり品質にバラつきが発生してする。特に「ホテルカードキーケース」は、印刷加工の利用ロットが「5000部前後」とそこそこ多くなる。今日発注して、通日後に欲しいとなっても間に合わせるのは、手作業での仕上げでは、スポットでは対応できてもコンスタントには難しくなってしまう。そんな時に当社の「グルアー機」がお役に立つのである。

また細かい情報をお伝えできない事もあり、今日はこれまでとさせて頂きますが、下の画像にもあるように高速で「ホテルカードキーケース」を仕上げていく事が可能となりました。現状は、2500~3000部/時間ではありますが、4000部超には高めていく予定です。来年度に向けて当社の要となる事業となる事は間違いないと考えております。