A4レターケース(紙製)をオリジナル制作します

皆さんこんにちは。A4レターケース専門店です。

Hello ハロー(英語)
Guten Tag!  グーテンタグ(ドイツ語)
안녕하세요 アニョハセヨ(韓国語)
你好 ニンハオ(中国語)

日本語を入れて5つの言語で表現してみました。なぜ多言語にて表現してみたかといいますと・・・中国よりインターン生が2名「圧着ハガキ専門店 本社工場」に来社しているのです。
彼女たちは、今年いっぱい日本にそして当社で仕事に触れ合ってもらいながら、日本で生活する事で日本の文化をより知ってもらう事になります。彼女たちは、初めて日本に来たわけでもなく、何度も日本へ来日してくれている親日家です。来日する目的は、まずは日本が好きだからというシンプルな理由で、もちろんそこには単純に一言で表現できない深い気持ちが含まれてはいるのだと思います。明日からは、漢書たちも2連休どこで羽を伸ばして日本の文化に触れ合ってくるのか?休み明けに聞くのが楽しみです。

さて、A4レターケース専門店では、オリジナルのレターケースを紙製で制作する事が可能です。しかし、A4レターケースというものを知らない方も沢山いらっしゃるでしょうし、こうやって使うと便利なんですよ?なんていう使い方もご紹介していきたいと思います。

まず、A4レターケースとはどのような物なのでしょうか?

A4レターケース看板2

このような物を見た事がありますでしょうか?一番目にするのは、日本郵便で扱っている「レターパック・レターパックプラス」です。これだと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
「レターパックライト・レターパックプラス」の違いは、中に封入できる書類などの都合により、厚紙の封筒に厚み(待ち)を設けて差を出しております。「レターパックプラス」の方がより厚い物を同梱して送付する事が可能です。具体的には、レターパックライトは「厚さがセンチまでで、重量も3キロまでです」一方「レターパックプラス」は、「厚さが3センチを超えてもOKで、重量も4キロまで」となります。いずれもポストに投函か郵便局員にお渡しすればよいのですが、レターパックライトは、ポストに投函というスタイルで、レターパックプラスは、お客様に対面し、手渡しとなります。料金は、ライトが「360円 プラスが510円」となります。A4レターケース専門店は、郵便局の商品の販売ではなく、同じ形状の物を企業様向けに「オリジナルで印刷」という仕事を行っております。無地という真っ白のA4レターケースを使うという方法もありますが、表面に名入れなどの印刷を入れて制作が可能なのです。もちろん、通常は隠れてしまう中面への印刷も可能です。

使い方としては、A4レターケースの中に沢山の資料を送付する場合です。

具体的には、
ネットで通信販売をされている法人企業
生命保険や金融機関等から送付する資料
大学校や高等学校や専門学校等の教育機関から送付する資料
文庫本やご案内を送付する資料
ファンクラブやスポーツチームからの案内資料
こういった使い方で数多くご利用いただいております

もちろん送付も宅配便だけではなく、ダイレクトメールとして「ゆうメール」や「クロネコDM便」として送付することも可能です。

またA4レターケースの印刷が、
Facebookで「いいね!」で税込み価格より¥10,000お値引きキャンペーン絶賛開催中です

facebook バナー

スキット株式会社が登録している10のページに「いいね!」を押していただくだけで,初回のお見積もりに限り税込みの価格より¥10,000お値引きいたします

圧着ハガキ,圧着封書,圧着A4,A4レターケース,OPP封筒,ゆうメール発送,クロネコDM便,ポケットフォルダーをご検討のお客様はこの機会に是非ご利用ください

A4レターケースののサンプル発送も承っておりますので資料請求よりお申し付けください

お問い合わせお待ちしております

納期ゆったりプランなら驚きの「最安値で」提供しております。
マル得プラン」をご確認ください。

 

圧着ハガキには、色合いに注意が必要です。

皆さんこんにちは。圧着ハガキ専門店でございます。
毎日「夕方の17時40分」この時間には、工務と製版・印刷・製本部が現場内ミーティングを行う時間となっております。

いま行っている圧着ハガキの製版(ctpといって専用の機械でハンコを作ります)の出力時間や印刷の完成状況(例えば圧着封書の印刷物が、あとどのくらいの時間で印刷完了するかどうか)
表面加工の仕上がり状況(圧着用のニス加工は、ハガキ等くっつける部分に特殊な液体を塗布していきます)がどうか、
圧着状況(特殊な薬を塗布した後には、製本の折機に通し一定の熱と圧力をかけてハガキ等を圧着させます)がどうか、
そして圧着後は、宛名印刷(お客様から頂いた宛名データに不備が無いかを確認してからハガキ印字のプレビューを見て印字します)がどうか、
印字したものは、最終的に郵便局へ引き渡しを行っていくのですが、引き渡しを行う前にきちんとお客様からご入金がされているかどうか
このような感じで確認を行っております。以外と細かい綿密な打ち合わせ状況などの確認が必要で、圧着ハガキ専門店では、「工務」が大事な指揮官となっているjのです。

さて今回は、圧着ハガキの色合いについてご説明をさせて頂きます。
圧着ハガキを制作する時に、完成してからお客様がイメージしていた色と中面の仕上がりの色で困った事はございませんか?
取りあえず色が認識できればいいよ!というお客様もいらっしゃるかもしれませんが、自社製品をお客様へ販売するにあたって、しっかり色味は吟味して心をつぎ込んでもらいたいです。
これが商品に対する本気度なのだともいますが、困っていなければ、圧着ハガキ専門店がお手伝いできる領域は残念ながら難しそうですね・・・

しかし今回は、そのような色でお困りのお客様に新しいサービスを提供させて頂きます。

圧着ハガキカラーチャート

こちらは、ハガキの中面になるのですが、いわゆる圧着(くっついた状態で仕上がっている部分)された部分になります。

この部分には、

フレキソ印刷機

このようなフレキソ印刷機械で「特殊な液体(圧着ニス)」を印刷していきます。
ここで使っている「圧着ニス」というのが、無色透明ではないのが一番の原因なのですが、実際ににらめっこしてみると「黄色っぽい」というか「多少赤っぽい」色合いをしております。
オフセット印刷後に、このような「黄色っぽい」というか「多少赤っぽい」液体を印刷するのですから印刷の仕上がりが変わってしまうという事なのです。
もちろん、液体を作っているメーカーさんもより色合いを無色透明に頑張って研究開発してくれて入るようですが、まだまだ難しいようです。

そのため、本印刷前に「本機校正」という事で、確認が重要になってくるのです。
しかし、なかなかそこまで時間を作ってられないケースがあります。もちろんですよね。その様なお客様にも満足して喜んでいただけるようにご提案をいたします。

中面にカラーチャートを印刷してみました。

これがあると、圧着ハガキ専門店にある「色調整用画像ページ」と比較して頂くだけで、

1、モニター用の画像
2、オフセット印刷した物
3、印刷し、圧着加工した物

この3点が確認可能となるのです!
圧着ハガキサンプル

資料請求」を頂ければ、こちらの圧着ハガキの現物を送付させて頂きます。

圧着機 圧着ハガキ完成
圧着用のニスを印刷後には、左の機械で一定の熱や圧力加えることで、右のように綺麗に仕上がってまいります。
日本で一番最短納期で圧着ハガキを納品を目指しております。

圧着DM専門店に外国人インターン生が来社しております。

皆さん、こんばんは。

Good evening(英語)
Guten Abend(ドイツ語)
안녕하세요(韓国語)
晚上好(中国語)

日本語を入れると5つの言語で表現してみました。

なぜ多言語にて表現してみたかといいますと・・・中国よりインターン生が2名「圧着ハガキ専門店 本社工場」に来社しているのです。
先週の月・火・水曜日にてインターン生を受け入れる企業としてセミナーをみっちりとと受講しました。セミナーの内容はこちらの「ブログ」にて確認できます。
先週の水曜日には、一緒に本社工場へ向かってきたのですが、彼女たちと話すと驚くのはすごく日本語が堪能です。正直中国の女性の方と接点がないので、日本へ来日されているのは、出稼ぎという労働者のイメージを持ってしまっておりました。彼女たちは中国で社会人としての経験も積んでおりますし、スマートで丁寧なビジネスマナーも実行できております。これから、圧着DM専門店でも、彼女たちのスキルを活かしながらビジネスで役立てて行きたいと願っております。

インターン生来福

インターン生と米原からの在来線にのって福井に向かっている途中です。
鯖江くらいかな?

早速先週の木曜日から「圧着DM専門店の本社工場」にて実際に仕事を行ってもらってます。
姉妹店の「ポケットフォルダー専門店」の「新着コメントに中国語で翻訳」をアップしてくれたり、「ノベルティー制作専門店」の「新着コメントを中国語でコメント」してくれたりしてもらっております。
近いうちに、圧着DM専門店の「新着コメント」だけではなく、圧着ハガキの種類・加工の仕方・メリットデメリットなどの特徴を綴らせてもらう事が出来るかと思います。
今日の段階で、圧着されたハガキ・封書・A4などが中国でダイレクトメールとして使われているかどうかを聞いたところ、良くわからないそうです。
ダイレクトメールのデリバリーとなる中国の郵便がどのようなルールになっているかが、最も大事な部分なのだと思いますが、その辺をまずはリサーチ願おうかと思っております。
まずは、当社の圧着ハガキといった製品が、どのように作られて郵送されていくのかをしっかり学んでもらおうと思っております。

圧着ハガキ 即納可能です!

圧着ハガキ(V折・Z折・L折)

圧着ハガキ専門店で最も多くの問い合わせやご注文を頂いている「UVニス式」の最短納期が新たに設定されました!

即納プランです。

具体的に説明をしますと、
午前中にデータ入稿を頂ければ、印刷+圧着加工を行って翌日には発送の準備を行います!
東北・関東・関西・中部・中国・四国・九州圏のおおよその地域のお客様であれば、発送日の翌日にはゆうパックにて到着いたします。
発送後のスケジュールも「こちら」で確認可能です。

まずは、データ入稿の為のひな形テンプレートに則って印刷データをご準備ください。
「V折圧着」は、「こちら」から印刷用イラストレーターのダウンロードが可能です。

即納プランの料金は、「こちら」で確認可能です。

圧着ハガキの宛名印字について、

皆さんこんにちは。圧着ハガキ専門店でございます。
ハガキを使ってお客様にダイレクトメールを送付する際に、52円の切手を貼って郵送で送付されている方も多いのかもしれません。
しかし、お客様リスト(顧客名簿)が500名1000名と増えてくると、そうは行かないのではないでしょうか?
確かに、お客様リストが、500名1000名と増えてくれば、これはお客様のビジネスが確実に成功しているといえます。
そうなってくると、郵送に時間を費やすよりも、お客様に商品をいかに情報発信できるかが最も大事なのだといえます。
新規顧客開拓という事で、無駄にダイレクトメール送付を行うのではないので、Webと連携して販促が行えると最高の連系ツールではないでしょうか。

圧着ハガキは、通常日本郵便の郵便インフラを使ってお客様のところへ届けられます。通常の郵便だと、一通52円の郵便切手や料金別納&料金後納のスタンプを押して郵送されるわけですが、標準価格の52円で出されている方も多いのではないでしょうか?納品書や請求書といった信書扱いの郵便物は、一通52円の郵便料金は仕方ありませんが、可能であればコストダウンをしてみませんか?コストダウンを行えた分だけ、次の企画にぜひ予算を振り分けるべきだと思います。

通常このようにハガキを郵送する際に宛名を印字するわけですが、この度「圧着ハガキ専門店」では、テンプレートデータをバージョンアップさせました。

atenatenpugamen

まずは、宛名データを制作する際には、個人情報の保護となる「パスワード設定」の説明や

エクセルデータをテンプレートとして、宛名データの入力項目の説明や

管理ID (任意)
セル1 (郵便番号)
セル2 (住所1)
セル3 (住所2)
セル4 (会社名)
セル5 (事業所名)
セル6 (部署名)
セル7 (役職名)
セル8 (お名前)
敬称

・【管理ID】項目に入力がない場合は通し番号をつけさせていただきます。
・入力項目は8項目(セル)ありますが、印字内容により各項目をご利用ください。
なお1項目の最大文字数は全角20文字(半角40文字)程度でお願いします。
また、文字数が多い場合は2項目(セル)に分けて入力してください。
・※項目(セル)は入力必須となります。
宛先が会社名のだけ場合は【セル8(お名前)】に会社名を入力ください。
・【敬称】項目に入力がない場合はすべて「様」をつけてさせていただきます。

などなど、テンプレートがバージョンアップされております。

ハガキ圧着加工の種類について、

圧着とは_1

圧着ハガキ専門店で扱っている圧着加工は、「UVニス圧着」「フィルム圧着」「ふち糊圧着」の3種となります。

それぞれに、特徴があるのですが、

フィルム圧着は、グロス感を出して高級感があり、多少雨にぬれても問題がなく、長期保存にも向いています

ふち糊式圧着は、シンプルに紙と紙をくっける仕事に徹しています。抜群のコストパフォーマンスですが、湿気に弱い部分があります

最近増え始めたのが、「UVニス式圧着」こちらもシンプルでくっつけたい部分に特殊な液体を塗りこみ、圧力と熱を加えるとくっつける方法です。

3種は、上手に使い分けて、お使いください。

上手な使い分けのひとつとして、「圧着ハガキの印刷に納期別の料金が設定されました!」

圧着ハガキ(V折・Z折・L折)

圧着ハガキの「UVニスタイプ」の設備増強に伴って「納期別」にて料金を設定しております。

例えば、
「ミーティングで決まって圧着ハガキが、すぐ必要なんだ!」
OKOK

このようなお客様に朗報です!

圧着ハガキ専門店では、入稿より「中6日にて発送」「中5日にて発送」「中4日にて発送」「中3日にて発送」「中2日にて発送」「翌日にて発送」という、6つの納期プランを設定しております。

もちろん、納期がゆっくりしている「中6日にて発送」が料金は、「お安い設定」にはなりますが、どうしても急に必要になった場合は、「翌日にて発送」で対応可能です。

発送納期

また、圧着ハガキのご入金のタイミングは・・・

なんと、発送日前日に確認が出来ればOK!

これであれば、入金日が受付日の印刷通販会社様と違って、便利ではないでしょうか。

しかし、安心して任させられるのだろうか? 「圧着ハガキのデータチェックについて、」もコメント致します

さて圧着ハガキ専門店の印刷において、データチェックの説明をさせて頂きます。

データ入稿の際には、

1、印刷用のデータ
2、見本用のデータ

この2種をご準備頂いております。そして、印刷用のデータにチェックを行って参ります。

初めて印刷物を発注されるお客様にとっては、「データチェックってなんだろう?」と思われる方も多いと思います。これは印刷物を作るうえで、とても大切な行程なのです。この行程を経なければ、圧着ハガキ専門店は、自信を持って品質が保証された印刷物をお客様の元に届けることができません。
このデータチェック作業において、データ不備が見つかると・・・

お客様に再入稿をお願いさせていただくことになります。そうなると受付時間も変更になっちゃう!
そして印刷料金が変わるだけではなく、お客様の大切なお時間も無題に費やすことになります
このデータチェックの行程は、圧着ハガキを作り上げるうえでどうしても必要なことなのです。

次回は、どのようなデータチェックを行っているのかもコメントさせて頂きますね。

圧着ハガキ(V折・Z折・L折)
いまなら、! 圧着ハガキの印刷で、フェイスブック割引実施中です!

圧着ハガキ V折り」の印刷が、Facebookで「いいね!」してもらえると
で税込み価格より¥10,000お値引きキャンペーン絶賛開催中です

facebook バナー

スキット株式会社が登録している10のページに「いいね!」を押していただくだけで,初回のお見積もりに限り税込みの価格より¥10,000お値引きいたします

圧着ハガキのコミコミパック9(印刷+圧着加工+宛名印字+バルク処理+郵便)を利用すると、
1000部 94,504円-10,000円 となるんです!
お得でしょ?

圧着ハガキ・圧着封書・圧着A4・A4レターケース・OPP封筒・ゆうメール発送・クロネコDM便・ポケットフォルダーをご検討のお客様はこの機会に是非ご利用ください

圧着はがきのサンプルの発送も承っておりますので資料請求よりお申し付けください

お問い合わせお待ちしております。

編集後記
今週はものすごく慌ただしい1週間でした。初めての試みとなる「外国人インターンシップ生」の受け入れで3日間をセミナー漬けでした。
講師:受講者といったスタイルであれば、楽だったのですが残念ながらそのようなスタイルではありませんでした。5~6名のグループディスカッションスタイルで、セミナーが終わりホテルに戻るとクタクタ状態・・・宿泊ホテルの近くで、ちょい飲みしただけで、ベッドではストーンと深い眠りについてしまいました。最終日には、プレゼンテーションもあり、この時には精神的疲労も絶頂の最中・・・プレゼンテーションも終わってみると全てをやりきったという達成感もあり、自分のなかではなかなか頑張ったほうだと褒めてやりたい気分でした。今回は自分のスキルアップが目的ではなく、外国人インターン生を受け入れることで、社員への刺激となり、大きなカンフル剤を期待している部分と外国人という彼らから何か得たいという欲望もあります。インターンシップが終わった時には、お互いに「得るものあったね!」といえる「Win・Win」の関係で締めくくれれば、良い年を越せるのでは!こんな風に考えております。今日は、圧着ハガキという印刷仕事で始まり、最後には、圧着ハガキ専門店にて受け入れるインターン生の話で締めくくりました。それでは良い週末を!

翌日発送 圧着ハガキなら、

おはようございます。圧着ハガキ専門店です。
本日は、圧着ハガキ専門店からお勧めのプランをご紹介させていただきます。

発送納期

圧着ハガキに関わる納期については、受付日(納期確定日)からどれだけで送付が可能かを専門店にて紹介させて頂いております。
中8日発送プランですと、受付日の翌日から8日目以内で発送をお約束させて頂きます。なのでお客様のご入金が早かったりハガキの制作現場の都合にもなりますが、早めに仕上がった場合はお客様にご連絡を行ってから前倒しで納品OKを確認後発送を行う事もあります。

今回のおすすめプランは、圧着ハガキ「翌日発送プラン」です。

ダイレクトメールは、定期的に行うことが多い販促ツールなのですが、ご担当者様が
「発注をするのを忘れていた・・・」
「印刷会社に見積もりを頼むのを忘れていた」
「印刷会社に圧着ハガキのスケジュールを頼んでいなかった・・・」

なんてことで、バタバタしていませんか?

安心してください・・・圧着ハガキ専門店が何とかお助けいたします。

指定の テンプレート からデータ入稿するだけで、翌々日にはお客様のもとへ納品させていただきます。

特急圧着ハガキなら、

おはようございます。圧着ハガキ専門店です。
本日は、圧着ハガキ専門店から特徴のあるプランをご紹介させていただきます。

圧着ハガキ(V折・Z折・L折)

ダイレクトメールは、定期的に行うことが多い販促ツールですが、「発注をするのを忘れていた・・・」「印刷会社に見積もりを頼むのを忘れていた」「印刷会社に圧着ハガキのスケジュールを頼んでいなかった・・・」

なんてことで、バタバタしていませんか?

安心してください・・・圧着ハガキ専門店が何とかお助けいたします。

指定のテンプレートからデータ入稿するだけで、翌々日にはお客様のもとへ納品させていただきます。

宛名印字」も圧着ハガキ専門店で行えば、郵送まで業者にお任せできちゃいます。ということは、「印刷・・・印刷会社」「宛名印字・・・印字業者」「郵送・・・郵便局」と仕事を分割で考える必要がなくなるのです!

ぜひ、特急で圧着ハガキの制作が必要になった場合には、お見知りおきを・・・

圧着ハガキ 即納可能!

こんにちは。圧着ハガキ専門店です。

圧着ハガキ(V折・Z折・L折)

圧着ハガキ専門店で最も問い合わせやご注文を頂いている「UVニス式」の最短納期設定されました!
いわゆる即納プランです。

午前中にデータ入稿を頂ければ、印刷+圧着加工を行って翌日には発送の準備を行います!
東北・関東・関西・中部・中国・四国・九州圏のおおよその地域のお客様であれば、発送日の翌日にはゆうパックにて到着いたします。
発送後のスケジュールも「こちら」で確認可能です。

まずは、データ入稿の為のひな形テンプレートに則って印刷データをご準備ください。
「V折圧着」は、「こちら」から印刷用イラストレーターのダウンロードが可能です。

即納プランの料金は、「こちら」で確認可能です。

カレンダーのDM送付にも、

おはようございます。圧着DM専門店です。
お世話になったお客様へ年末ご挨拶として「粗品やノベルティー」をそろそろ企画準備を始めないといけない季節となりました。皆様はいかがされていますでしょうか?

中綴じカレンダー

定番にはなりますが、カレンダーを使われている方も多いのではないでしょうか?
遠方のお客様だとなかなか挨拶に伺う事も叶わない・・・
そういったお客様には、案内状を添えてダイレクトメールを使って送付をされます。

メール便発送_B

カレンダーを1冊といってもなかなかの重量で、簡単に100gを超えてしまいます。
そういった商品の発送には、ヤマト運輸の「クロネコDM便」をお勧めいたします。

重量物でもカレンダーの発送という事であれば「10,000通 @59円~ 税別 」にて送付可能です。
PP封筒や紙封筒に封入封緘し宛名もラベル添付された完成形で、御支給頂いてもメール便発送OKです。
その場合は、クロネコヤマトの管理用のバーコードを添付するので、別途ラベル添付@1.5円がかかります。

1,000通以上の発送をされる方には、お勧めの情報です!

資料請求の送付には、

こんにちは。圧着DM専門店です。

お客様から資料請求を頂いた際に、どのようなツールを使って送付の準備をされておられますでしょうか?
多いのは、封筒やA4レターパックに会社案内や商品パンフレットを封入して送付をされているかとは思いますが、最近はいろいろな方法があるようです。
中には、ホームページを見てくれという事でメールにリンク先を設けてPDFや商品ページを紹介されている企業様もあるようです。
個人的には、アナログとデジタルを上手に活用できないかと思っております。

さて、今回のご提案は、

A4レターケース看板2

沢山の資料や商品見本を送付する際には、大事な資料が痛んでしまっては本末転倒です。
大事な資料が痛まないよう、「A4レターケース」には工夫が施されております。

A4レターケース」は、通常の紙封筒に比べて、倍以上の厚さを保っているのとクッション性のある再生紙を使っております。
そのため、過酷な条件の環境でも安心して資料をお届けいたします。また、数センチの厚さの資料も送付できるように「マチ」も設けております。
もちろん、オリジナルの「A4レターケース」が作れるように表面に印刷が行えます。

無地のA4レターケースでの送付も問題ありませんが、企業ブランドをしっかりお客様へ訴求してみませんか?

資料請求コーナーから、お問い合わせ頂ければ、「A4レターケース」にて送付させて頂きます。