圧着ハガキ 翌日発送!

こんにちは。圧着DM専門店です。今日は午後から近所の地方銀行の担当者さんが来社されました。
内容は、友の会なる当社で言うと「社外報」みたいなものを作っておりまして、「スキットさんも掲載されませんか?」という内容でした。掲載に費用が掛かるわけでもないので「ありがとうございます。原稿考えますね」とお返事しました。これも、担当の社員に振って原稿を考えさせる「訓練」をさせるわけなのですが・・・全部私がしちゃうと、社員のスキルもあがりませんからね(^^♪。

まぁここまでは良いのですが、この地銀の担当者さんは、すぐ「何か当行がお役に立てる事ありませんかね?」と聞いてきます。「どういうことですか?」と質問をすると「融資必要ありませんか?」とストレートに回答・・・確かにビジネスで来ている以上確かに必要とあらば、こちらがお願いしないといけないのですが、ここまでストレートに来ると「引く?」私は・・・当社の営業にも話をしているのですが、相手を理解してから自分は理解されるんだよ?自分から自社のアピールをしちゃいけない・・・そのように伝えております。しかし、アピールしないと伝わらないしね~

圧着DM専門店を運営している「スキット株式会社」では、6つの大きな事業を行っております。
ポケットフォルダー制作を行っている専門店」
選挙ポスターや政治活動ポスターの印刷を得意としている専門店」
圧着ハガキなど付加価値DMを得意としている専門店
ポスティングやOPP封筒に名入れを行っている専門店
紙製でオリジナルのノベルティーを制作する専門店」
電車社内の広告を得意としている車両広告専門店
といった専門性に富んだ商品を販売しております。

そのなかで、これからのスキット株式会社を担っていく「圧着DM専門店」では、圧着ハガキの、「特急仕上げ」という選択肢を増やしました。圧着ハガキの特急仕上げとは、データ入稿の翌日に発送準備を行い、翌々日(入稿の2日目)に納品が可能です。本社工場に取りに来て頂ければ、翌日の夕方には、お渡しも可能となるのです。

圧着ハガキ V折 特急印刷
定形ハガキの情報量が2倍!となる「圧着ハガキ V折」
ハガキサイズのダイレクトメールとして、付加価値を追加した特殊なダイレクトメールとなっています。定形ハガキの情報をと比較しても単純に2倍に増えているにもかかわらず郵便代金は、ハガキ料金と同じなのです。どちらかというと企業が販促用として小売店舗から一般消費者向けに送られる使い方が多いのではないでしょうか。

圧着ハガキのお仕事を依頼するにしても、初めて「圧着DM専門店」に依頼するので心配だ・・・初めて「圧着ハガキ」を作ってみようと思うので「お試しプランってありませんか?」このようなお客様のご要望に「初回限定」にて対応させて頂く事になりました。圧着ハガキのお試しキャンペーンをご注文の際には、「会員登録」も必要となります。